情報の購読はコチラまで。

6/22 東京ドル円相場の行方

--------------------------------
6/21東京のレンジ:111.08=111.42
6/21NYのレンジ:111.24=111.74
----------------

昨日の予測は、
「今週の最初の底値ターゲットまでの下値トライが実現し、ここから買い戻しの流れに転換するか
それとも、週報で、今週の“想定下限ゾーン”までしっかり下値トライが入り、買い戻しとなるか」
としました。
結果は、6/21東京は、頑張って売り“持合ゾーン"を下落しましたが“想定下限ゾーン”近くまで攻め
力尽き買い戻され、欧州は、その買い戻しの流れを受けさらに上昇。
NYは、欧州の買い戻しを受け“持合ゾーン"の上辺から、下値トライも、
中間の赤(1)ラインでサポートされてしまい、中途半端な下落で終了でした。


よって、今日6/22とうきょうは、赤(1)ラインを下抜けし“想定下限ゾーン"まで野理想の攻めが
実現するか、
それとも、赤(1)ラインでサポートされ、小動きで終わるかとなります。


では、今日も“為替相場を楽しみましょう!”

別窓 | 今日はこうなる! | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

6/21 東京ドル円相場のキーポイント

--------------------------------
6/19東京のレンジ:111.54=111.79
6/19NYのレンジ:111.32=111.73
----------------

おととい6/19は、東京?NYとも、同じポイントでサポートされ続伸の流れが維持され
昨日6/20は、東京・NYとも、高値が同じポイントで壁になっており、調整下落になり真下。

東京・NYの高値、安値をみるだけで、何かが見えてくるかと思います。

今日6/21東京は、今週の最初の底値ターゲットまでの下値トライが実現し、
ここから買い戻しの流れに転換するか
それとも、週報で、今週の“想定下限ゾーン”までしっかり下値トライが入り、
買い戻しとなるか

つまり、今週の底値トライからの反発の展開を期待しています。


では、今日も“為替相場を楽しみましょう!”

別窓 | 今日はこうなる! | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

6/20 東京ドル円相場の行方

--------------------------------
6/19東京のレンジ:110.93=111.21
6/19NYのレンジ:110.91=111.60
----------------

昨日6/19は、週間予測をアップ出来ず、失礼しました。
6/16深夜に「ドル買い先行相場」に転換したと訂正記事をアップしましたが、
その通りの流れが続く一方、
昨日は、さらに、続伸するか、一度調整場面かの重要場面のため、記事のアップは控えさせていただきました。

結果は、昨日の東京とNYの安値が、110.93と110.91と同じことから推測されるように、
重要な底値ポイントを下限に、続伸となりました。


今日6/20東京は、さらに113円を目指す流れを確定できるかの重要場面になります。

重要ポイントを上抜けなら、今週は最大113.00前後までの続伸が続きます。
逆に、上抜けが失敗なら、上抜けするときまで、111円台で一進一退が続くことになります。

余り詳しくは書けないので、今日はここまでです。


では、今日も“為替相場を楽しみましょう!”

別窓 | 今日はこうなる! | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

6/16 東京ドル円相場の行方

今日6/15東京のブログコメントで「ドル下落相場」に転換としましたが、
間違えましたので訂正しておきます。

6/15東京の結果、ジョイテクのパターンの一つである「急反発パターン」が出来ました。
もし、明日の東京は底値青(2)ライン110.00-05以上でオープンなら、完成となり
相場転換が否定され、元の相場のまま上伸するというのが、このパターンの意味です。

ただ、欧州から、その流れになり、NYで完全に先行してしまいました。

明日は、休みなので、今のうちに配信しておきます。

では、明日も“為替相場を楽しみましょう!”
別窓 | 今日はこうなる! | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

6/15 東京ドル円相場の行方

--------------------------------
6/14東京のレンジ:109.96=110.20
6/14NYのレンジ:108.81=110.32
----------------


昨日の相場は、東京は、想定上限と同じで想定内の小動き。
NYは、FOMCよりも、CPIと小売り売上高の予想外の悪化に大きく反応。
それでも今週の想定下限でサポートされ横バイでしたが、
FOMCの結果により、今週の想定下限を下抜け。これで相場転換が確定しました。

FOMCの影響は軽微というコメントが多いですが、
ドル円については、指標発表後の急落で、ドル下落の展開が決定しており、
FOMCの続落からの反発は、急落相場の調整でキレイに天井試しが実現しただけです。
よって、天井から、キレイに再下落、早朝も同じパターンでした。

今日からは「下落相場」のスタートであり、戻り場面は絶好の売り場になります。


6/15東京は、
1)相場感上の重要分岐ゾーンで戻り売り参加か
2)週足ポイントゾーンで戻り売りか

(具体的レートはかけません)


このまま続落でなく、重要ポイントまでの戻り売り場面があれば、ラッキーと考え売り参加が不可欠です。



なお、明日6/16(金)は、月に一度の会社休業日になり、朝からサポートはありません。
ブログは、来週から再開です。

では、今日も“為替相場を楽しみましょう!”

別窓 | 今日はこうなる! | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| 為替は儲からないと嘆く前に! | NEXT