情報の購読はコチラまで。

5/22 今週のドル円相場の行方

先週は、滅多に出ない黒丸がピタリワークし、投資に旨く活かせ順調な1週間でした。

今週の全体的ななイメージは、111円台で、方向感のない一進一退相場です。
今週のレンジは、
----------------------------
1)基本レンジ:111.00=70
2)最大レンジ:110.50=112.00
----------------------------
つまり、この最大レンジをブレイクするまでは、投資的には厳しい週になります。
もし、ブレイクがあるとすれば、下抜けと見ますが、可能性は30%です。
別窓 | 今日はこうなる! | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

5/19 東京ドル円相場の行方

昨日5/18東京は、最大レンジの下限とした黒丸B111.25-30ではなく、
"想定下限ゾーン"110.75=112.05の下辺丁度まで下落と、少し見立てが違いました。

昨夜欧州は一時110.24まで急落しましたが、NYは一時@111.74まで急反発と、
欧州と真逆の展開でした。

このNYの結果、東京は相場転換とはならずに「持合相場」のままになりそうです。

東京は、111.35=50ゾーンに注目です。
このゾーンでオープンすると、面白いことが起きる期待があります。
別窓 | 今日はこうなる! | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

5/18 東京ドル円相場の行方

昨夜NYは、最大レンジの下辺とした黒丸A111.25-30までの下落が実現し、
週報の予測がパーフェクト、投資も113円からの売りが大成功と満足感一杯でした。

ただ、途中、黒丸Aからの戻りが週足青(4)ライン111.40で逆壁が続き、方針変更。
次の週足111.00まで想定し、利食い後の買い仕掛けポジはクローズとしました。
ここまでは、良かったのですが、
引け際、週足でサポートが続いていましたが、ポジの投げに月足110.75まで下落して終了。
新規売り直しという判断までは出来ず、パーフェクトにはなりませんでした。

ただ、この月足は、会員向け週報では、今週の"想定下限ゾーン”の下辺であり、
ある意味では、この急落も想定内の分析通りピタリの結果です。


NYの投げ、オーストラリアで大口の投げ売りが出ました。
大変気の毒な結果になりましたが、実体のない投げでの急落でしたので、
相場は、通常のあるべきレベル111.00レベルまで戻しています。

5/18東京は、買い戻しは黒丸Aまでとみます。よって、ここは売り場。
それ以外に、相場転換上も投資上も重要ポイントがありますが、コメントはここまでとします。
別窓 | 今日はこうなる! | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

5/17 東京ドル円相場の行方

5/16東京の想定レンジ:113.45=113.95としましたが、113.25=113.77と、
上値トライは中途半端に終わり、逆に抵抗バンドの下辺を下抜けしました。
このため、NYからは下落濃厚としました。

連日買いっ気が強い欧州は一度買い先行しましたが、
NYは、指標の悪化の後押しもあり、期待通り、下落相場が実現しました。
下落も、昨夜の下限とした抵抗ゾーンの上辺でキレイにサポートされ終了。
------------------------------
今週の展開レンジは以下の通り:
1)最小レンジ:112.50=114.00
2)基本レンジ:112.00=114.00
3)最大レンジ:111.30=114.50
------------------------------
5/17東京は、抵抗ゾーンを下抜けし、最小レンジのポイントまで続落するか
それとも、サポートされ、113円台前半の揉み合いで終わるかの見極めだけです。
別窓 | 今日はこうなる! | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

5/16 東京ドル円相場の行方

5/15東京は、@113.24を安値に、今週の上限とした114.00目指し上昇するも、
高値@113.73までと一歩届きませんでした。
5/15NYは、オープン時指標の悪化に113.25レベルまで急落しましたが、
ここから113.85高値と、同じくターゲットの114.00に一歩届きませんでした。

本日5/16東京は、昨日届かなかった、今週の上限と見ている114.00への上値トライがあるかがキーポイント。
ターゲットは月足青(3)ラインになります。
実現時は、一度売り参加し、下落待ちとなります。

今日の想定レンジ:113.45=113.95
別窓 | 今日はこうなる! | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| 為替は儲からないと嘆く前に! | NEXT