情報の購読はコチラまで。

米ダウ:重要場面にきました・・

米ダウ120216
米ダウは、このまま続伸か、一度壁になり調整下落化の重要場面にきました。

米ダウは投資の基本指数です。
分析がピタリなら幸いです。
別窓 | 株・先物 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

日経225:これからの展開について・・

日経225120209
2/7のレポートで、9000円以上に上昇なら続伸決定としました。
昨日、達成しましたので、これからの見方についてレポートします。
別窓 | 株・先物 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

米ダウ:大幅下落後は・・

米ダウ110302
昨夜NYは、米ダウが168ドルの大幅下落となりました。
祖の状況をチェックしてみました。
別窓 | 株・先物 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

米ダウ:順調に続伸中・・

米ダウ110209
2/3公開の記事の続報です。
順調に上昇し、必ずしも予測の数字が的外れとはいえなくなってきましたね。
別窓 | 株・先物 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

日経225:これからの展開とポイント

<日経225: ここからのポイント>
---------------------
(9/3前場結果)
open :12760
range:12660=12770
close:<前場>12720

 昨日9/2は、12480まで急落したため日足の重要サポート12605を下抜けし、引けが12610とこのサポート上で終了しました。
 実は、ここはほぼ12620の週足の重要サポートとがあり、引けは意味深い終わり方でした。
 つまり、今日9/3が12620以下で寄付き&下落なら、週足・日足とも一段安の下落の流れが決定する一方、逆に12620以上、できれば9/3の日足12645以上でオープンし、この上で展開なら、一度反発のパターンとなる重要な分岐点と見ていました。

 注目の前場は、12760で寄付き、展開も12660以上と、一度買い戻しの流れが有力という結果で終わっています。
----------------------------------------
(これからの展開ポイント)
 今週の日経225は、週足が流れを作っています。
 今週の週足は、
   上に12970のレジスタンス
   下に12620,12420 の2本の重要サポートがありました。
 この12420を下抜けすると、更に大きな11700レベルまでの急落相場が決まります。
 9/1は12620を下抜けし12480まで急落し12610で引けたわけです。

 したがって、今日の後場は日足の12645以上での引けが、買い戻し維持の為の条件。少なくとも週足の12620以上での引けが不可欠と見ています。
 期待通り12645以上で引けの場合は、明日の日足の下限12690以上で寄り付くかで、買い戻し継続か、違う展開になるかを見ていくことになります。
-------------------------------------------------------



別窓 | 株・先物 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| 為替は儲からないと嘆く前に! | NEXT