情報の購読はコチラまで。

NYの安値106.28は予測できましたか?

4/28 20:30公開のNY用レポートで、106.40を現行相場感の下限と予測。ただ、その実現は無いとしましたが(残念)。
本物か嘘か、今は直ぐ確認できます。
是非「熊本地震被災者支援プロジェクト」にご参加ください。
自動入会扱いですので、申込みして10分後にはレポートなど全て利用できます。




別窓 | 今日はこうなる! | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

分析絵図を公開します。

無料開放が諸事情により遅れてしまい、申し訳ありません。

今夜、利用手引きなど未整備ですが、今夜から申込み受付スタート予定です。

今日は、分析絵図の結果図をアップしておきます。

NYは、底値青(1)ライン110.90-95で、サポートされ買い戻しという展開でした。
-------------------------------------------------------------------

------------------------------

---------------------------------------

別窓 | 今日はこうなる! | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

ベストなFX投資とはどんな方法ですか。

皆様が考える、FXのベストの投資方法はどんなものですか?

獲得目標の利鞘によって、スイング、デイトレ、スキャルピングという分類があります。
常に利益の最大化を図るといえば聞こえが良いですが、要は目標のないギャンブル投資もあります。
損小利大を目指すといえば当たり前に聞こえますが、要は確実なノウハウがない場当たり的な投資ともいえます。

ジョイテクは、全ての投資方法<スイング・デイトレ・スキャルピング>に楽に明確に対応できます。
無料解放時に、その意味を実感していただければと思います。

また、ギャンブル投資せずに、ジョイテクの投資ルールを守る限り、過去の経験値から損することはありません。
大勝ちするためには、度胸とテクニックも必要になります。
ただ、大勝ちを目指す投資は、一般の投資家には必要ありません。

皆様は、一回の売買で、何銭抜きなら確実に実現する自信があるでしょうか?
25銭?、30銭、いやいや50銭なんて軽いでしょうか。

そんなあなたの、年間利回りは何%?、200%、500%いや1,000%でしょうか
もし、年率100%もいっていないならば、発想を変えませんか?

今回の無料公開終了後は、またお一人で投資再開されるときは、投資手法の見直しを考えてみませんか。

例えば、1回の取引で10銭抜きする売買を、一日に一度だけ実行する投資はどうでしょうか。

1日1回、1万円の利益なら、営業日20日として月20万円の利益、年間240万円です。
10銭抜きで1万円獲得には、ワンショット10万米ドル売買が基準となります。

その時に必要な証拠金額は、レバレッジで違ってきます。
レバレッジ25倍なら、証拠金1,320,000円で30万米ドル(@110円)の証拠金が用意できます。
失敗も考え、ワンショット金額の2.5から3倍の証拠金で投資をするべきです。

この証拠金のうち、ワンショット10万米ドルで10銭抜きを狙います。
この場合、月20万円の利益ですので、月利:15.15%、年間240万円の利益ですので、年利:181.82%  

          
もし、レバレッジが、50倍なら、証拠金は、半分の660,000円、100倍なら、330,000円です。     

10銭抜きと30銭抜きでは、デイトレなら、同じ参加場面であり、リスクが違うだけです。

それなら1万ドルで10銭抜きを狙うよりも、5万ドル、それ以上に10万ドルと参加金額を増やす方がリスクも小さく合理的です。

何よりも、一度の売買で、1万円の利益ならリスクから考えると十分です。
パートで1万円稼ぐには、外出し、8時間働く必要があります。
10銭抜き狙いなら、早ければ数分です。通常10分以上かかりません。

目標1万円を獲得したら、後は、相場から離れて好きなことをして時間をつぶせます。
自宅にて子供の世話や介護なども可能です。
夜NYで、もう一度10銭抜きできる可能性もあります。

一日中モニター画面を見たり、相場を見ながら悩むのは、私のようなアドバイザーの仕事です。

プロでない、一般の方が、そんなFX投資に無駄な時間を費やす必要はありません。

一般の方が、事前に相場展開の予測ができ、参加すべきか参加しないかが分かる情報は、ジョイテク以外ではありません。
また、実際に参加するときに、参加タイミングや利食い・損切りの設定が、これ以上明確な投資ノウハウはありません。
毎日20時間(朝8時から翌早朝4時まで)、相場を見ながらリアルタイムで情報を発信しているアドバイザーは皆無です。
リーマンショック以降、8年間継続中です。

無料公開を楽しみにしていてください。
別窓 | 今日はこうなる! | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

NY相場の高値は予測できましたか・

昨日の東京とNYは、大相場になたため、無料開放の作業が遅れています。
申し訳ありません。
会員の皆様が、楽に楽しく儲けていただくのが最優先ですので、ご理解ください。

昨日の東京は、月に一度あるかどうかの全くの想定外の相場になりました。
月足と天井青(1)ライン110.30=45ゾーンの上抜けはないとして売りポジションで仕掛けていました。
急伸により、SL=109.75が付いてしまいました。
さらに、110.30=45ゾーンの上抜けまで実現したことに驚きました。
ただ、NY市場で大きく挽回はしています。

ジョイテクでは、重要ポイントをブレイク時は、必ず順張り参加することが基本ルールです。
昨日の東京なら、110.30=45の上抜け時に買い参加が不可欠です。
ただ、昨日は、買い参加は禁止としました。
理由は、想定外の異常な動きのため様子見が安全であること。
そして、欧州からの青(1)ラインとなる110.65-70まで上昇し、ここで壁になるとしたからです。

実際に東京は、110.75高値をつけ1110.58で越週と、壁になり買っていれば失敗でした。

東京の結果を受け、NYは青(1)ライン110.65-70を基準に2つのシナリオを作成しました。
--------
1)NYが、青(1)ライン110.65-70の下でオープンなら売り先行だが、下落は80%月足を含む抵抗ゾーン110.25=35までで。よって、売り参加は見送り静観で。投資的には一番つまらない展開。
2)青(1)ラインの上、上値トライゾーン110.75=111.10でオープン時は、黒丸A111.85-90があるので、上抜け可能性があり。
 よって、月足111.00-05をブレイク時は積極的に買い参加し、利食いは基本通りTP=111.80に仮設定。としました。
--------
 結果は、2)のシナリオ通りであり、NY時間中は、月足ポイントの完全ブレイクでなく70%ブレイク段階で先買いを推奨。NY高値を111.81レベルまでつけ完璧にシナリオ通りの結果でした。

 先週までほぼ毎日掲載しているチャート図を見ていらっしゃる方は、分かると思いますが、10年以上このブログで毎日情報提供をしており、今更嘘やごまかししても意味ありません。
 嘘か本当は、無料解放時に閲覧できる過去のレポートで、是非ご確認ください。
--------------------------------------------------------------------------------

------------------------------------------------------
別窓 | 今日はこうなる! | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

熊本地震被災者をご支援したい。

読者の皆様へ

突然一週間の休載となり失礼いたしました。

ご承知のように、隣県である、熊本と大分において大震災が起き、身近に多くの被災者が生じてしまいました。
とても「被害に遭われた皆様には心よりお見舞い申し上げます。」などといっている場合ではなくなりました。
身近すぎて、個人的に支援すれば良いのではという思いもあり迷いましたが、
やはり、私ができることは、少しでもすべきと考え、皆様にお願いする事に決めました。

東日本大震災の時には、物資は余り、現金が足らなくなったということが起きました。
やはり、寄付金は多くて困ることはないと考えます。

5年前の東日本大震災の時に、参加される方の善意を期待したいと考えます。

現在、会員の皆様の了解も取り付けているところです。
決定次第、この週末からスタートできるよう準備する予定です。

提供する内容は、現行の会員システムそのままです
ただし、FX投資利益を獲得することが大前提になりますので、ご希望の方には制限を付けさせていただきます。

<制限1>
  投資スタンスがギャンブル的な方はご遠慮ください。
  当システムでも、最終的に勝つことはできません。
<制限2>
  当会の「投資4原則の厳守をお約束していただける方です。
   (1)ナンピンの禁止
   (2)参加時に、S/L(ストップ・ロス)の同時設定
   (3)参加時に、仮T/P(テイク・プロフィット)の同時設定
   (4)同じ市場で、2回連続負けたときは、その時点から取引見送り
      <例>東京市場で2回連続負けた時点で、東京での売買を見送ること。
         取引再開は、早くとも、その日のNY市場からです。
<制限3>
  ジョイテクツールを設定するMT4業者は、指定業者を利用すること。
   ・管理上、大手で有益なFX業者を指定させていただきます。
   ・業者を指定しないと、意図せざる利用が懸念されますので、限定させていただきます。
   ・ただ、口座は、リアル口座でも、デモ口座でも問題ありません。
   ・情報のみ利用し、実際の売買は、慣れた売買ソフトや業者の利用で良いです。

以上の制限を、厳守していただける方のみお申し込みください。
<制限1><制限2>を厳守できない方は、FXでは勝ち組にはなれません。

無料開放期間は、まず5/6(金)を予定しています。
是非、元会員のかたのご支援を期待いたします。

実施要領は、追って説明していきます。

甲斐田翔
--------------------------------------
別窓 | 今日はこうなる! | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

4/14 欧州・NYドル円相場の行方

-------------------------------------------
<4/14 欧州・NYドル円相場の行方>
-------------------------------------------
-------------------------------
(4/14 欧州・NYのポイント)
-------------------------------
東京は、赤(4)ライン109.45-50の上値トライが続きましたが、最後まで壁のまま越週でした。

欧州は、引け直後から想定下限まで急落し揉み合い中です。
海外は、ここでサポートされ110円台へ反発の流れになれるかがキーポイントになります。
---------------------------------------------------------------

------------------------

別窓 | 今日はこうなる! | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

4/14 東京ドル円相場の行方

-------------------------------------
<4/14 東京ドル円相場の行方>
--------------------------------------
-------------------
<4/14 東京の対応>
--------------------
NYは、ほぼ上値トライゾーン一杯で展開でしたが、ジョイテクツールの一つであるチューブの中で展開が示唆するように、相場的に何もない日でした。

東京は、NYで一歩届かなかった上値トライの結果で投資チャンスが出てくるかとなります。

上抜け時は、今回は買い参加は見送り、続く厚く強い抵抗ゾーンで売り参加し、下落待ちです。
壁になったときは、スキャルパー意外は、売り参加はしません。
理由は、NY同様上値トライゾーンの小動きで終わり、利幅確保ができないリスクが高いからです。

静かな相場が想定されるときは、参加の必要はありません。疲れるだけで時間が勿体ないです。
その時間は、他のことに活用した方が有意義です。
-------------------------------------------

----------------------------

別窓 | 今日はこうなる! | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

4/13 欧州・NYドル円相場の行方

-------------------------------------------
<4/13 欧州・NYドル円相場の行方>
-------------------------------------------
-------------------------------
(4/13 欧州・NYのポイント)
-------------------------------
今日の東京のコメントはお休みさせていただき失礼しました。

理由は、週報で、今週の高値となりやすいとした黒丸C108.70-75まで、昨夜NYで上伸が先行したからです。

そのため、東京が、黒丸Cのどちらでオープンするかで、流れが転換する重要な場面となり、
コメント=そのものズバリの内容になる為控えさせていただきました。

昨日の東京と、NYの分析絵図をまとめて掲載しますので、昨日のコメントと比較して確認していただければ、ご理解いただけるかと思います。

東京の結果は、黒丸Cでオープンしましたので、上抜けも下抜けもあるスタートでした。

昨日までは、上昇し、黒丸Cを高値に下落と見ていました。
下から上昇時には、昨夜のNYのように上抜けはできないからです。
ただ、東京は108.70オープンと黒丸C108.70-75でオープンしたため、分岐点となり、上昇も下落もある状態でした。

結果、上昇となり、今夜以降今週の相場は、理論的限界ゾーン、110.00レベルまでの上値トライからの反落という流れになりそうです。

なお、4/15(金)は、会社休業日のため、このレポートは明日までとなります。
-----------------------------------------------------------------------

-----------

-----------------------

別窓 | 今日はこうなる! | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

4/12 欧州・NYドル円相場の行方

-------------------------------------------
<4/12 欧州・NYドル円相場の行方>
-------------------------------------------
-------------------------------
(4/12 欧州・NYのポイント)
-------------------------------
東京は、基本は買いのはずなのですが、ドル売り相場に買いは強い意志がないと期待された伸びは難しいようです。

欧州は、引き続きドル買いで、月足赤(5)ラインを目指す上昇からの下落です。

明日の東京が、今週で一番108円後半の黒丸まで上伸しやすい日ですので、
海外で、その動きが先行する展開を期待です。
---------------------------------------------------------------

----------------------------

別窓 | 今日はこうなる! | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

4/12 東京ドル円相場の行方

-------------------------------------
<4/12 東京ドル円相場の行方>
--------------------------------------
--------------------
<4/12 東京の対応>
--------------------
NYは、買い先行も最後は、赤(2)ラインを下抜けし、収支赤(2)ラインの下で弱含み推移。

NYの流れからドル下落相場の継続が確認できましたが、まだ105円を目指すような強い仕掛けマインドまではコンセンサスがないようです。

今回の「強いドル下落相場」は、来週までは106円前半を底値と見ています。

その106円台への攻め具合で、105円台へ続落か、一度調整相場で110円まで買い戻されるかを見て行くことになります。

-------------------------------------------

------------------------------
別窓 | 今日はこうなる! | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

4/11 欧州・NYドル円相場の行方

-------------------------------------------
<4/11 欧州・NYドル円相場の行方>
-------------------------------------------
(4/11 欧州・NYのポイント)
-------------------------------
今日は、青(4)ライン107.55-60サポート・・・としましたが、107.63安値と、ほぼピタリとなり、ここから買い戻しの流れでした。

相場観が変わりましたので、今夜からは、新規参加は、買いはありません。
常に重要ポイントを下抜け時の売り参加が基本となります。

売り場は、赤(2)ラインか、月足青(5)ラインとなります。
---------------------------------------------------------------

-----------------------------

別窓 | 今日はこうなる! | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

4/11 東京ドル円相場の行方

-------------------------------------
<4/11 東京ドル円相場相場の行方>
--------------------------------------
--------------------
<4/11 東京の対応>
--------------------
4/8NYは、下限とした108.20-25まで下落し、丁度サポートされました。
最後週末のポジション調整に108.01安値まで下落してしまいましたが、仕方ありません。

今日の東京も大事な場面でしたので、レポートは今にしました。

嘘は書けませんので、今日のコメントは「分岐点108.20-25でオープンし、下抜けで相場転換や売り参加が不可欠」というアドバイスを書かなくてはいけなかったからです。

一つだけ、サービス情報です。

理想野利食いターゲットまで続落のためには、青(4)ライン107.55-60でサポートか下抜けけがキーポイントになります。

-------------------------------------------

--------------------------------
別窓 | 今日はこうなる! | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

4/8 欧州・NYドル円相場の行方

-------------------------------------------
<4/8 欧州・NYドル円相場の行方>
-------------------------------------------
-------------------------------------------------------------
(4/8 欧州・NYのポイント)
-------------------------------
東京は、オープン直後に月足赤(5)ラインを上抜けし、買い戻しの流れが決定。
ただ上昇も中途半端に一進一退でしたが、最後はきっちりターゲットである新天井青(3)ラインまで上昇し、壁になり高値圏引けでした。

東京の買い戻しは、新天井で壁とジョイテク的には理想的な買い戻しとなり、単なる調整場面だったといえます。

よって、欧州は新天井青(3)ラインを戻り高値に、再下落の流れです。

後は、月足赤(5)ラインを下抜けし、新底値までの下値トライが実現するの、
まだ、中途半端なレンジでの揉み合い場面が続くのかの見極めだけです。

なお、今夜は、月足赤(5)ラインを下抜けしても、下落は最大108.20-25までです。
---------------------------------------------------------------
-------------------------------------------
別窓 | 今日はこうなる! | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

4/7 欧州・NYドル円相場の行方

-------------------------------------------
<4/7 欧州・NYドル円相場の行方>
-------------------------------------------
-------------------------------
(4/7 欧州・NYのポイント)
-------------------------------
東京は、抵抗ゾーンでオープンし、下抜けしたことから、現行相場感の底値青(3)ライン108.50-55までの下落が決まりました。
後は、時間がかかりましたが、14時過ぎ底値青(3)ラインまでの下落が実現。
しかし、16時過ぎには、底値青(3)ラインも下抜けし、想定下限とした月足ポイントまで続落し、サポートされ引け。

どのポイントで止まるのかが見えていないと、底なしの下落に見えるかもしれません。
ただ、結果的にその感覚は正しく、欧州では、先ほど月足ポイントも下抜けしましたので、
次の底値、目先1ヶ月の底値ターゲットは105円台になりました。

今後は、このまま一気に実現するのか、4月後半から5月にかけて実現するか、具体的な展開を見て行くことになります。
いずれにせよ、大相場は楽に簡単に大きな鞘抜きができるだけに大歓迎といえます。
---------------------------------------------------------------

-------------------------------

別窓 | 今日はこうなる! | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

4/7 東京ドル円相場の行方

-------------------------------------
<4/7 東京ドル円相場の行方>
--------------------------------------
--------------------
<4/7 東京の対応>
--------------------
NYはFOMC議事録公開前からNYの想定下限まで下落という、大変弱い展開でした。
その結果、昨夜日報で、想定下限を下抜け時の理論的下限としたポイントまで丁度下落し、期待通りサポートされ引け。

東京は、その目先の想定下限でサポートされ一服か、それとも現行相場感の底値まで一気に攻めが続くのかの見極めです。

対応は、昨夜のポイントゾーンでサポートか下抜けかで簡単に判断できる、分かりやすい相場です。

-------------------------------------------

-------------------------

別窓 | 今日はこうなる! | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

4/6 欧州・NYドル円相場の行方

-------------------------------------------
<4/6 欧州・NYドル円相場の行方>
-------------------------------------------
-------------------------------------------------------------
(4/6 欧州・NYのポイント)
-------------------------------
東京は、意外に月足赤(4)ラインが強い役割を果たさず、前後のポイントを意識した展開でした。

ただ欧州は、東京とは逆に、しっかり月足赤(4)ラインでサポートが続き強含み推移中。

東京では中途半端に終わった上昇が、上限と見ている月足ポイントまで上値トライが確り入ると、投資的には楽でわかりやすい相場になるのですが、欧州の上昇力に注目です。
-----------------------------------------------------------------------

-----------------------

別窓 | 今日はこうなる! | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

4/6 東京ドル円相場の行方

-------------------------------------
<4/6 東京ドル円相場の行方>
--------------------------------------
--------------------
<4/6 東京の対応>
--------------------
NYは、昨夜の下限とした抵抗ゾーン110.30=45を下抜けし、理論的下限していた109.80=95ゾーンの上辺でサポートされ抵抗ゾーンまで戻し終了。

残念ながら、昨夜は期待したところでピタリ止まりませんでしたが、
東京は、引き続き、下限とした抵抗ゾーンの下辺でサポートされ110円台半ばの小動きで終わるか、
それとも、NY同様、現行相場感の目先の下限である抵抗ゾーン109.80=95まで、もう一度下押しが入ってから110円台へ買い戻されるかの見極めです。
-------------------------------------------

---------------------------
別窓 | 今日はこうなる! | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

4/5 NYドル円相場の行方

-------------------------------------------
<4/5 NYドル円相場の行方>
-------------------------------------------
-------------------------------
(4/5 NYのポイント)
-------------------------------
東京は、日経平均の16,000円を割る急落を受けて、下落時のキーポイント月足赤(3)ラインを下抜け。
これで、一気に、今週の底値ポイントまで続落する流れが決定しました。

昨日から動かない相場にストレスが溜まりましたが、月足赤(3)ライン下抜け時に 売り参加し、
期待通り月足赤(4)ラインでピタリサポートされ、予定通り利食い完了でスッキリしました。

やはり、FXは大相場でないと面白くありません。

欧州は、東京の流れを受けて、このまま底値ゾーンまで攻めて111円台への反発という展開ができるかに注目となります。
---------------------------------------------------------------

------------------

別窓 | 今日はこうなる! | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

4/5 東京ドル円相場の行方

-------------------------------------
<4/5 東京ドル円相場の行方>
--------------------------------------
--------------------
<4/5 東京の対応>
--------------------
NYは下落先行も2つのポイント間で揉み合い結果で終わりました。

東京は月足ポイントを下抜けし110円台まで攻められるか、逆にサポートされ111円前半野小動きで終わってしまうかと見ます。
投資的には旨味がなさそうです。
-------------------------------------------

----------------------

別窓 | 今日はこうなる! | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

4/4 NYドル円相場の行方

-------------------------------------------
<4/4 NYドル円相場の行方>
-------------------------------------------
-------------------------------
(4/4 NYのポイント)
-------------------------------
4/1NYの111円台への下落を受け、東京も111円半ばでオープン&展開しました。
これで、新相場観が確定しました。

今夜、NYの展開は、シンプルです。
分岐点をブレイクした方に順張り参加し、抵抗ゾーンでドテン売りか、逆にドテン買いだけです。

今週は111円台中心に、一進一退の展開が基本となります。

---------------------------------------------------------------

--------------------------

別窓 | 今日はこうなる! | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

4/4 東京ドル円相場の行方

-------------------------------------
<4/4 東京ドル円相場の行方>
--------------------------------------
--------------------
<4/4 東京の対応>
--------------------
先週「ドル下落相場」に再転換しました。

よって、今週の投資は一貫して“天井圏”でのドル売りです。

天井圏のレンジは、ここではお伝えできませんが、日々のコメントから見えてくると思われます。

以上の相場観が正しいのかどうか、今週はその検証として重要な場面とみています。

「ドル下落」というとピンとこないかもしれません。

「超円高相場」の再来可能性と書くとインパクトがでてくるかもですね。
-------------------------------------------

------------------------------
別窓 | 今日はこうなる! | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

4/1 欧州・NYドル円相場の行方

-------------------------------------------
<4/1 欧州・NYドル円相場の行方>
-------------------------------------------
-------------------------------
(4/1 欧州・NYのポイント)
-------------------------------
東京は、大きな反発となりませんでしたが、期待通り月足ポイントで丁度サポートされて越週でした。

いよいよ米雇用統計のお祭りがやってきました。
今夜は、分析絵図的に面白い状況になりました。

NYは、112円前半の小動きで終わるか、逆に113円台への急反発相場になるかという、夜桜に相応しい状況です。

闇に散ってしまうか、乱舞するか。

判断ポイントも明確であり、投資的には乱舞する相場を見たいところです。

---------------------------------------------------------------

--------------------------------------------------------------------
別窓 | 今日はこうなる! | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

4/1 東京ドル円相場の行方

-------------------------------------
<4/1 東京ドル円相場の行方>
--------------------------------------
--------------------
<4/1 東京の対応>
--------------------
NYは、期待通り月足ポイントゾーンを安値に、期待はしていましたが無理だとみていた週足特異ポイントで壁のまま引けました。

よって、東京は米雇用統計を前に強い流れは厳しいとみていますが、
もし動くなら、下落先行時は月足ポイントゾーンで買い参加し、上昇待ちであり、
逆に期待する週足特異ポイントの上抜け先行時は、買い参加し、続伸待ちとなります。
-------------------------------------------

別窓 | 今日はこうなる! | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| 為替は儲からないと嘆く前に! |