情報の購読はコチラまで。

1/31 東京ドル円相場の行方

今週は、週初から予測が外れました。
週足ポイントゾーンとそれに続く抵抗バンドを下抜けし、113円半ばまでの下落は想定を超える下げになりました。

これで、先週せっかく脱出できた113円台の大きな抵抗ゾーンに逆戻りです。

よって、再び114円台に上昇できるかがキーポイントになりますが、
それまでは投資的には魅力のない展開が続きます。

今日は、113.50=80ゾーンの揉み合いを基本に、
その上に続く強い抵抗ゾーンを上抜けできるかが焦点ですが、難しいとみます。
別窓 | 今日はこうなる! | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

1/27 これからのドル円相場は面白い。

昨日1/26NYは、やっと今週期待していた、113円底値試しからの反発が実現しました。
東京で最後の抵抗バンドを上抜けし、NYのような展開が実現かと期待しましたが、欧州から始まりでした。

NYは、オープンからの下押しを想定し、週足114.10で押し目買いから青ポイント114.75で指し値で利食いがピタリ決まりました。

通常は、最初から50銭抜き以上の決め打ちアドバイスはしませんが、今回は気持ちよく決まりました。


これで、やっと113円台の厚く強い抵抗ゾーンのブレイクが実現。
それも期待通り、下抜けでは無く投資チャンスの多い上抜けでした。
これで、小動きの相場は終了です。

来週は114.00=116.00ゾーンでFXらしい荒い動きが予想され、大きな投資チャンスの日が続くと見ます。
判断ミスをすると痛い目に合うことになりますが、荒い相場はFX投資に一番相応しい展開です。

今日の東京は、そんな動きは難しいとみますが、
早ければ欧州から鞘抜きがしやすく、参加チャンスが多くなる荒い展開を期待です。

別窓 | 今日はこうなる! | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

1/24 東京ドル円相場の行方

今週の予測は、見事にハズレでした。
1/23朝のコメントは、
「・・ただ、これで、しばらくドル下落相場が継続であり、この一ヶ月は117円以上の相場がなくなったとみます。といっても、急落相場もなく、今週も115円を上限に113=115円ゾーンで一進一退とみます。
特に114.00=115.00の一円レンジは、方向感のない荒い動きになりやすいので注意が必要です。」

そしてNYの下落も、昨日1/23東京が、下限と見ていた113.30=55ゾーンを下抜けが決まった段階で
一段強いドル下落相場への転換が決定しましたので仕方がないところ。
今週なら底値111円台を目指す<速度>だけが注目でした。

そんな中、昨夜NYは調整の買い戻しがなく、続落と言う強いドル下落の流れが継続しました。

東京の早朝は、オープン時にある動きになると、ジョイテク上「反発パターン」完成で
一度買い戻し場面となります。

買い戻しパターンが完成するか
パターンは完成できず、東京も111円を目指し下落継続かの見極めとなります。

オープン時の結果に注目です。

下落時のマジックナンバー「111.45」。
別窓 | 今日はこうなる! | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

1/23 東京ドル円相場

先週のトランプ相場も、下限とする同じ月足ポイントの選択を誤り、理論的下限まで下落した以外は想定内レンジで終わりました。

ただ、これで、しばらくドル下落相場が継続であり、この一ヶ月は117円以上の相場がなくなったとみます。
といっても、急落相場もなく、今週も115円を上限に113=115円ゾーンで一進一退とみます。
特に114.00=115.00の一円レンジは、方向感のない荒い動きになりやすいので注意が必要です。
別窓 | 今日はこうなる! | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

1/20 東京ドル円相場のキーポイント

1/19NYは、ピタリ“揉み合いゾーン"の下辺から上辺まで付け下辺まで再下落と一往復。
米大統領就任式前に、方向感のない、しかし大相場風の動きになりました。

東京は、米大統領就任式を前に、114.70=115.05ゾーンの小動きで終わるのか、
それとも最後のポジション調整で方向感のない荒れた動きになるのか、

東京も“揉み合いゾーン"という不安定なゾーンの展開でもあり、積極的に参加すべき場面ではないと考えます。

別窓 | 今日はこうなる! | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

1/19 東京ドル円:週初の予測が完璧に実現しそうです。

1/18東京の買い戻しは赤(1)ライン113.65-70の手前までで失敗しましたが、
1/18NYは、FRB議長講演をきっかけに上抜けが実現。
昨日の相場のシナリオで、上限とした114.50=65ゾーンまで急伸でした。
高値114.77と12銭越えましたが、事前予測としては、投資的には十分な結果と思います。

今週は、1/16朝のブログで、
---------------------------------------------
そうなると、今週の展開レンジは決まってきます。

最少レンジ:114.00=115.05
最大レンジ:112.95=115.40
---------------------------------------------

今日の東京で、上限レンジも、分析通り、完璧な結果で達成できそうです。
別窓 | 今日はこうなる! | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

1/18 東京ドル円相場の行方

1/16のブログで、今週の最大レンジの下限を、112.95としました。

昨夜NYの、午前中までは、112.95レベルででサポートが続き、驚かれた方も多かったと思われますが、最後は、昨日の理論的下限ゾーンとした112.65=75まで下落したため、ピタリ賞にはなりませんでした。

ジョイテク的には、今週の最下限候補には、112.70-75と112.95-00の2つのポイントがあり、
どちらを最下限とするかの最終判断を誤っただけであり、どちらも想定内という事実は同じです。

ということで、
今日の東京は、最下限レベルまできましたので、
ここから、1度利食い中心とした買い戻し場面となるのか
それとも、ここから新たなドル下落の大相場が始まるのかの見極めとなります。

次の下落相場の下限も分かってますが、ここでは、まだ公開は控えておきます。

ここから一端買い戻しという期待する展開になった時は、
大相場であるほど、キーポイントで壁になったときは、
常に再下落リスクが高いので、利食いする判断力で損益の差が出やすい相場です。

一つだけヒントを公開すると、
1/18東京の買い戻し場面では、赤(1)ライン113.75-80が特に重要です。

本格的な買い戻しは、この赤(1)ラインを越えないと始まりません。
つまり、赤(1)ラインで壁なら、そこは絶好の売り場ですし、
そこまで届かないときは、常に途中壁になったキーポイントから、下落再開と見てください。

そして、再び112.60=70でサポートなら、その繰り返しです。
もし、そこを下抜けすると・・・になるいうことです。
別窓 | 今日はこうなる! | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

今週(1/16-1/20)東京のドル円相場

先週末は、相場の転換点で引けたため、今日の早朝の展開が注目されました。

現状、このまま東京がオープンすると、「持合相場」への転換が決定します。
「持合相場」、次の大きな相場への繋ぎ相場ですので、
この後続落しドル売り相場になるだけでなく、逆位に買い戻され、元の相場②復帰という、どちらのケースもあるので注意が必要です。

ただ、9時の東京が、114.50以上でオープンしない限り相場転換は変わりません。

そうなると、今週の展開レンジは決まってきます。

最少レンジ:114.00=115.05
最大レンジ:112.95=115.40

細かい表現になりましたが、それだけ正確な分析結果を公開しました。
別窓 | 今日はこうなる! | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

1/10 東京ドル円相場の行方

今年も、分析と展開予測は、そのものズバリと高精度を維持中。
昨日のアジア時間で売り参加し、NYは、1度サポートとした揉み合いゾーンでサポートされ終了。
週報の上限と下限の間で一往復となりました。

今日1/10東京が、115.50レベルまで続落すると、ピタリ一往復実現となります。

よって、このまま下落するか、揉み合いゾーン出戻り壁になり下落再開かの見極めだけです。

後は、115.50以下にある底値をベストに、利食い&買い参加し、上昇待ちとなります。
------------------------------------------
別窓 | 今日はこうなる! | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

1/4 本年も宜しくお願いいたします。

新春を迎え、あらためて皆様のご健康とご多幸を心よりお祈り申し上げます。

今年の年末年始は、全国的に穏やかな天候が続き、
「商売繁盛の年」と言われる「酉年」を迎えるにあたり幸先の良いスタートとなりました。

ただ、肝心のドル円相場は、懸念通り荒っぽい展開で始まりました。

難しそうに見えますが、117円台にある分岐ゾーンのどちら側で展開するかを見て行くだけです。

投資的には、その分岐ゾーンの上で展開が決定し、118円台の抵抗ゾーン地帯を上抜けすると120円を目指す「ドル買い先行相場」になります。

そんな展開になるか、または逆の相場になるか、
今日の東京の結果で、ある程度見えてくるとみています。

では、今年は、ブログの内容も少しづつ見直していきたいと思います。

本年もご愛読の程宜しくお願いいたします。

甲斐田翔
-------------------------------
別窓 | 今日はこうなる! | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| 為替は儲からないと嘆く前に! |