情報の購読はコチラまで。

5/31 東京ドル円相場の行方

5/30東京のレンジ:110.77=111.22と最大レンジ:110.50=112.00を目指す展開。
5/30NYのレンジ:110.67=111.25とさらに、最大レンジ安値を目指す展開でした。

本日5/31東京は、引き続き今週の安値を目指す展開ですが、
正確には、110.50ではありません。

今週の流れを変える重要ポイントなので、正確なポイントは公開していませんでした。

本日5/31東京は、その下限の重要ポイントを下抜けか、サポートがキーポイントになります。
もし下落の展開になった場合は、赤(2)ライン111.10-15が最初のターゲットです。
-------------------------------------
別窓 | 今日はこうなる! | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

5/30 東京ドル円相場の行方

5/29東京のレンジ:111.20=47 と基本レンジ:111.00=111.50で展開でした。
5/29NYは祝日でした。

本日5/30東京は、引き続き基本レンジ:111.00=11.50で展開しながら、下抜けができるかが焦点。

基本レンジのブレイクがあるなら、上抜けではなく、下抜けです。
別窓 | 今日はこうなる! | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

5/29 東京ドル円相場の行方

今週の相場展開も、先週と同じとみます。

大きく違うのは「ドル売り先行相場」から「ドル売り相場」へ転換することです。

ただ、今週に限っては、ドル下落相場らしい展開とはならず、111円台中心の揉み合いとみます。

1)最大レンジ:110.50=112.00
2)基本レンジ:111.00=111.50

5/29東京は、111.50を越えられるかどうかで、今週大きな流れが決まります。
別窓 | 今日はこうなる! | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

5/26 東京ドル円相場のキーポイント

5/25東京は、111.53=111.89レンジで、今週の上限とした@112.00を越えられず。
5/25NYは、111.66=111.96レンジで、今週の上限とした@112.00まで再上昇。

5/24から、同じようなレンジで展開となっていますが、金曜日なので、種明かしをすると、
"(上方)月足・週足ポイントゾーン”111.65=112.05で壁やサポートが続いているからです。
そして、このゾーンを、今週の"想定上限ゾーン”としていました。

このゾーンの上には、現行相場感の天井青(1)ラインがあるのですが、
今週は、そこまでの強い上昇相場とはならず、この111.65=112.05ゾーンで壁になるという読みでした。
と同時に、下方には"(下方)月足・週足ポイントゾーン”110.75=111.05があり、
ここを今週の下限ゾーンとしました。

この上下の"月足・週足ポイントゾーン”を基準に、正確には書けませんでしたので大雑把に、
1)基本レンジ:111.00=70
2)最大レンジ:110.50=112.00 としたわけです。


本日5/26東京は、週足青(4)ライン111.65-70を下抜けし、多少ドル売り相場らしい動きになるかが注目点になります。
といっても、ターゲットは、同じ111円台にある底値青(2)ラインですので、大きく下落するわけではありません。

今週は、111円台中心に揉み合いとしていたように、
もし下落の流れになったとしても、111.20=40ゾーンを安値ゾーンとみています。
別窓 | 今日はこうなる! | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

5/25 為替相場を楽しみましょう!

5/24東京は、111.74=112.05レンジで、今週の上限とした@112.00を実現しました。
5/24NYは、111.49=112.13レンジで、同じく達成とともに、高値から反落という展開になりました。

このように、今週の週初の予測通りの展開と流れが続いています。
まだまだ、大雑把な情報しか提供していませんが、十分その分析精度を実感できたかと思います。

ただ、1週間のレンジを当てることは、たいした問題ではありません。
レンジが当たっていても、肝心の投資で生かせなければ意味がありません。

極端な話、レンジが外れても、日々の予測と投資アドバイスが一致していれば、それで十分な話です。
レンジを当てたり、展開を予測し当てることは、スイングの方には役に立つとは思いますが
その目的は、分析とアドバイスに対する"信頼感”を確固たるものにするためです。

大事なお金を運用していただくわけですから、ジョイテクの予測を信じ投資をしていただくことが
スタートになります。

あなたの周りに、1週間前に予測をビジュアルで提供し、その1週間の結果をきちんとフォローしている
アドバイザーはいらっしゃいますか?
評論家には勿論出来るはずはありませんが、プロといわれるアナリストでも、毎日、毎週、予測の結果まで
善し悪しを自己評価する方は皆無かと思います。

FXの面白さの一つに、素人の方でも、予測が当たることが意外に多いことがあります。
そして、それで大儲けできれば、一生その取引を忘れないでしょう。

終わったことを考えても無駄だという言い訳は、過去の結果などあらゆることを考慮した結果ではなかったことを証明しています。
おそらく、予測が外れながらその原因を追及しないのは、曖昧な分析での判断や、ひょっとして勘で出した結果だからです。

真面目に分析をしてきたのなら、予測が外れた原因を腹落としできるまで調べます。
そうしないと毎日、自信を持って、明日の予測と売買のアドバイスなどは、恐ろしくて出来ません。

また、もし予測が外れても、対応すべきツールや投資ルールが必ず用意してあり、
アドバイスのハズレが、必ずしも投資のマイナスに直結するわけではありません。

予測を人間がする以上、必ず誤りがあります。
また100%の相場分析は出来ません(日々近づける努力は必要です。)
実際の相場は、100%理屈通りには動かないことがあります。

したがって、日々分析精度のアップに努力をしていないと、投資に使える相場分析とアドバイスは不可能です。

では、引き続き"為替相場を楽しみましょう!”
別窓 | 今日はこうなる! | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

5/23 東京ドル円相場の行方

5/22東京レンジ:111.15=111.61
  NYレンジ:110.93=111.40

昨日は、ほぼ今週の基本レンジ111.00=70で展開でした。

5/23東京は、
1)111.40を越えて天井青(1)ラインの上値トライが実現するか。
2)111.40で壁になり、111.00の間で小動きか
3)111.00を下抜けし、今週の想定下限まで下値トライが入るか

この3通りで投資すれば良いだけです。
-------------------------------------
別窓 | 今日はこうなる! | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

5/22 今週のドル円相場の行方

先週は、滅多に出ない黒丸がピタリワークし、投資に旨く活かせ順調な1週間でした。

今週の全体的ななイメージは、111円台で、方向感のない一進一退相場です。
今週のレンジは、
----------------------------
1)基本レンジ:111.00=70
2)最大レンジ:110.50=112.00
----------------------------
つまり、この最大レンジをブレイクするまでは、投資的には厳しい週になります。
もし、ブレイクがあるとすれば、下抜けと見ますが、可能性は30%です。
別窓 | 今日はこうなる! | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

5/19 東京ドル円相場の行方

昨日5/18東京は、最大レンジの下限とした黒丸B111.25-30ではなく、
"想定下限ゾーン"110.75=112.05の下辺丁度まで下落と、少し見立てが違いました。

昨夜欧州は一時110.24まで急落しましたが、NYは一時@111.74まで急反発と、
欧州と真逆の展開でした。

このNYの結果、東京は相場転換とはならずに「持合相場」のままになりそうです。

東京は、111.35=50ゾーンに注目です。
このゾーンでオープンすると、面白いことが起きる期待があります。
別窓 | 今日はこうなる! | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

5/18 東京ドル円相場の行方

昨夜NYは、最大レンジの下辺とした黒丸A111.25-30までの下落が実現し、
週報の予測がパーフェクト、投資も113円からの売りが大成功と満足感一杯でした。

ただ、途中、黒丸Aからの戻りが週足青(4)ライン111.40で逆壁が続き、方針変更。
次の週足111.00まで想定し、利食い後の買い仕掛けポジはクローズとしました。
ここまでは、良かったのですが、
引け際、週足でサポートが続いていましたが、ポジの投げに月足110.75まで下落して終了。
新規売り直しという判断までは出来ず、パーフェクトにはなりませんでした。

ただ、この月足は、会員向け週報では、今週の"想定下限ゾーン”の下辺であり、
ある意味では、この急落も想定内の分析通りピタリの結果です。


NYの投げ、オーストラリアで大口の投げ売りが出ました。
大変気の毒な結果になりましたが、実体のない投げでの急落でしたので、
相場は、通常のあるべきレベル111.00レベルまで戻しています。

5/18東京は、買い戻しは黒丸Aまでとみます。よって、ここは売り場。
それ以外に、相場転換上も投資上も重要ポイントがありますが、コメントはここまでとします。
別窓 | 今日はこうなる! | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

5/17 東京ドル円相場の行方

5/16東京の想定レンジ:113.45=113.95としましたが、113.25=113.77と、
上値トライは中途半端に終わり、逆に抵抗バンドの下辺を下抜けしました。
このため、NYからは下落濃厚としました。

連日買いっ気が強い欧州は一度買い先行しましたが、
NYは、指標の悪化の後押しもあり、期待通り、下落相場が実現しました。
下落も、昨夜の下限とした抵抗ゾーンの上辺でキレイにサポートされ終了。
------------------------------
今週の展開レンジは以下の通り:
1)最小レンジ:112.50=114.00
2)基本レンジ:112.00=114.00
3)最大レンジ:111.30=114.50
------------------------------
5/17東京は、抵抗ゾーンを下抜けし、最小レンジのポイントまで続落するか
それとも、サポートされ、113円台前半の揉み合いで終わるかの見極めだけです。
別窓 | 今日はこうなる! | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

5/16 東京ドル円相場の行方

5/15東京は、@113.24を安値に、今週の上限とした114.00目指し上昇するも、
高値@113.73までと一歩届きませんでした。
5/15NYは、オープン時指標の悪化に113.25レベルまで急落しましたが、
ここから113.85高値と、同じくターゲットの114.00に一歩届きませんでした。

本日5/16東京は、昨日届かなかった、今週の上限と見ている114.00への上値トライがあるかがキーポイント。
ターゲットは月足青(3)ラインになります。
実現時は、一度売り参加し、下落待ちとなります。

今日の想定レンジ:113.45=113.95
別窓 | 今日はこうなる! | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

5/15 今週(5/15-5/19)のドル円相場の行方

5/12東京の結果、相場転換しました。
新相場感は、次の大きな流れを探る繋ぎ相場である「持合相場」です。

今週の相場は「持合相場」ですので、方向感のない揉み合い相場です。

今週の展開レンジは以下の通り:
1)最小レンジ:112.50=114.00
2)基本レンジ:112.00=114.00
3)最大レンジ:111.30=114.50

特に、今週の113円台は、一進一退の揉み合いゾーンであり、投資的に厳しいゾーンになります。
別窓 | 今日はこうなる! | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

5/11 東京ドル円相場の行方

昨日5/10東京は、期待する“大きな抵抗ゾーン”の上抜けが実現し114円台に上伸。
東京の上昇幅は今一つで終わりましたが、NYが引き継ぎ、ほぼ週初分析した上限114.50レベルまで達成。

今日の東京は、理想的な週足ポイントゾーンまで上値トライがしっかり入り、
113円台へ下落できるかどうかです。

今週は新相場感の天井青(3)ラインまでの続伸は無理とみますので、
週足ポイントゾーンまで攻めることが出来れば期待通りの結果となります。
別窓 | 今日はこうなる! | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

5/10 東京ドル円相場の行方

昨日5/9東京で、“大きな抵抗ゾーン"を上抜けして終了。
ただし、東京ではしっかり続伸しないまま終了。
その東京の流れを受け、NYは114円台の“上昇限界ゾーン”まで実現し、NYは一時113.77まで反落しました。

これで、週初レポートの通りとなり、一つのシナリオをが完成しました。
次のシナリオは、東京が、月足ポイントを上抜けし、
NY同様“上昇限界ゾーン"の上辺までしっかり攻めて反落という理想的な展開が出来るかどうかとなります。

よって、キーポイントは、月足青(3)ラインで壁か上抜けかとなります。
別窓 | 今日はこうなる! | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

5/9 東京ドル円相場の行方

NYは、天井青(1)ラインを越え、大きな抵抗ゾーン112.50=113.50の上部までの上昇が実現しました。

この結果、今日の東京は、この大きな抵抗ゾーンを上抜けできるかの重要場面にきました。
上抜けが実現すると、今週の上限と見ている114円台の実現、少なくとも月足ポイントまでの上昇が実現です。

もし、東京で上抜けが実現できなくとも、113円台を維持して引けなら、
欧州から、再びドル買い先行の流れが続き、続伸の流れが継続です。
別窓 | 今日はこうなる! | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

5/8 今週のドル円相場

今週のドル円相場の展開予測です。

展開のポイントは、大きな抵抗ゾーン112.50=113.50をブレイクした方に、やっと強い流れが出ます。
上抜け先行時は、今週の上限は114円台の“上昇限界ゾーン”まで。
下抜け先行時は、70%112.00レベルの月足ポイントまでと見ます。
もし予測が外れ下抜けした場合は、“下落限界ゾーン”110.75=111.15までとみます。

つまり、今週は、総じて113.00を中心に一進一退の揉み合いを中心に、
115円台に行くような上伸相場や111円台に急落するような展開は無いとみます。

大きな抵抗ゾーン112.50=113.50ゾーンをブレイクしてからが、「スイング」の投資チャンスです。
別窓 | 今日はこうなる! | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

5/1 今週(5/1-5/2)のドル円相場

今週は、今日明日の2日間だけですので、2日分の相場情報として提供します。

基本的に、今週は、111円台を中心に小動きと見ます。
-------------------------------
1)基本レンジ:111.10=111.65

2)ドル売り優勢時のレンジ:111.00=111.55
 ドル下落限界ゾーン:110.75=85

3)ドル買い優勢時のレンジ:111.15=112.05
 ドル上伸限界ゾーン:112.00-05
-------------------------------
つまり、
上昇時は、抵抗バンド111.60-65を上抜けできるか
下落時は、抵抗バンド111.00=15を下抜けできるか

以上2点が今週のキーポイントになります。
GW用サービス情報でした。
別窓 | 今日はこうなる! | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| 為替は儲からないと嘆く前に! |