情報の購読はコチラまで。

6/22 東京ドル円相場の行方

--------------------------------
6/21東京のレンジ:111.08=111.42
6/21NYのレンジ:111.24=111.74
----------------

昨日の予測は、
「今週の最初の底値ターゲットまでの下値トライが実現し、ここから買い戻しの流れに転換するか
それとも、週報で、今週の“想定下限ゾーン”までしっかり下値トライが入り、買い戻しとなるか」
としました。
結果は、6/21東京は、頑張って売り“持合ゾーン"を下落しましたが“想定下限ゾーン”近くまで攻め
力尽き買い戻され、欧州は、その買い戻しの流れを受けさらに上昇。
NYは、欧州の買い戻しを受け“持合ゾーン"の上辺から、下値トライも、
中間の赤(1)ラインでサポートされてしまい、中途半端な下落で終了でした。


よって、今日6/22とうきょうは、赤(1)ラインを下抜けし“想定下限ゾーン"まで野理想の攻めが
実現するか、
それとも、赤(1)ラインでサポートされ、小動きで終わるかとなります。


では、今日も“為替相場を楽しみましょう!”

別窓 | 今日はこうなる! | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

6/21 東京ドル円相場のキーポイント

--------------------------------
6/19東京のレンジ:111.54=111.79
6/19NYのレンジ:111.32=111.73
----------------

おととい6/19は、東京?NYとも、同じポイントでサポートされ続伸の流れが維持され
昨日6/20は、東京・NYとも、高値が同じポイントで壁になっており、調整下落になり真下。

東京・NYの高値、安値をみるだけで、何かが見えてくるかと思います。

今日6/21東京は、今週の最初の底値ターゲットまでの下値トライが実現し、
ここから買い戻しの流れに転換するか
それとも、週報で、今週の“想定下限ゾーン”までしっかり下値トライが入り、
買い戻しとなるか

つまり、今週の底値トライからの反発の展開を期待しています。


では、今日も“為替相場を楽しみましょう!”

別窓 | 今日はこうなる! | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

6/20 東京ドル円相場の行方

--------------------------------
6/19東京のレンジ:110.93=111.21
6/19NYのレンジ:110.91=111.60
----------------

昨日6/19は、週間予測をアップ出来ず、失礼しました。
6/16深夜に「ドル買い先行相場」に転換したと訂正記事をアップしましたが、
その通りの流れが続く一方、
昨日は、さらに、続伸するか、一度調整場面かの重要場面のため、記事のアップは控えさせていただきました。

結果は、昨日の東京とNYの安値が、110.93と110.91と同じことから推測されるように、
重要な底値ポイントを下限に、続伸となりました。


今日6/20東京は、さらに113円を目指す流れを確定できるかの重要場面になります。

重要ポイントを上抜けなら、今週は最大113.00前後までの続伸が続きます。
逆に、上抜けが失敗なら、上抜けするときまで、111円台で一進一退が続くことになります。

余り詳しくは書けないので、今日はここまでです。


では、今日も“為替相場を楽しみましょう!”

別窓 | 今日はこうなる! | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

6/16 東京ドル円相場の行方

今日6/15東京のブログコメントで「ドル下落相場」に転換としましたが、
間違えましたので訂正しておきます。

6/15東京の結果、ジョイテクのパターンの一つである「急反発パターン」が出来ました。
もし、明日の東京は底値青(2)ライン110.00-05以上でオープンなら、完成となり
相場転換が否定され、元の相場のまま上伸するというのが、このパターンの意味です。

ただ、欧州から、その流れになり、NYで完全に先行してしまいました。

明日は、休みなので、今のうちに配信しておきます。

では、明日も“為替相場を楽しみましょう!”
別窓 | 今日はこうなる! | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

6/15 東京ドル円相場の行方

--------------------------------
6/14東京のレンジ:109.96=110.20
6/14NYのレンジ:108.81=110.32
----------------


昨日の相場は、東京は、想定上限と同じで想定内の小動き。
NYは、FOMCよりも、CPIと小売り売上高の予想外の悪化に大きく反応。
それでも今週の想定下限でサポートされ横バイでしたが、
FOMCの結果により、今週の想定下限を下抜け。これで相場転換が確定しました。

FOMCの影響は軽微というコメントが多いですが、
ドル円については、指標発表後の急落で、ドル下落の展開が決定しており、
FOMCの続落からの反発は、急落相場の調整でキレイに天井試しが実現しただけです。
よって、天井から、キレイに再下落、早朝も同じパターンでした。

今日からは「下落相場」のスタートであり、戻り場面は絶好の売り場になります。


6/15東京は、
1)相場感上の重要分岐ゾーンで戻り売り参加か
2)週足ポイントゾーンで戻り売りか

(具体的レートはかけません)


このまま続落でなく、重要ポイントまでの戻り売り場面があれば、ラッキーと考え売り参加が不可欠です。



なお、明日6/16(金)は、月に一度の会社休業日になり、朝からサポートはありません。
ブログは、来週から再開です。

では、今日も“為替相場を楽しみましょう!”

別窓 | 今日はこうなる! | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

6/14 東京ドル円相場の行方

--------------------------------
6/13東京のレンジ:109.92=110.27
6/13NYのレンジ:109.90=110.22
----------------

昨日の相場は、東京もNYも、ほぼ同じレンジとなり、
その当たりにジョイテクのサポレジがあると推測できるかと思います。


今日6/14東京は、昨日の安値圏レベルを底に、110円後半を目指す展開が理想ですが、
今夜NYのFOMC議事録公開前に、動きが取れないだけでなく、ポジション調整の売りも
懸念されるため、110.00前後での揉み合いと見ます。

最大想定レンジ:109.70=110.20
最小想定レンジ:109.80=110.10


では、今日も“為替相場を楽しみましょう!”

--------------------------------------------------------------------

別窓 | 今日はこうなる! | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

6/13 東京ドル円相場の行方

--------------------------------
6/12東京のレンジ:110.16=110.33
6/12NYのレンジ:109.64=110.03
----------------

6/12東京は、分岐ゾーン下辺で丁度サポートされ17銭レンジと何もない相場。
ある意味期待通りのつまらない相場で終わりました。
6/12NYは、上値トライではなく、今週の下限ゾーン109.50=110.00への底値トライ先行でした。


よって、本日6/13東京は、
1)NYに続き底値ゾーン109.50=110.00の底値試し先行からの買い戻しか、
2)NYの底値試し完了を受けて、このまま110円台へ上昇し“上昇加速ゾーン"を目指すか
の見極めとなります。

簡単な判断方法は、110円台への上昇先行となるか、109.80以下への下落先行となるかです。


では、今日も“為替相場を楽しみましょう!”

------------------------------------------------------------------------------------
別窓 | 今日はこうなる! | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

6/12 今週のドル円相場の行方

-----------------
先週の基本レンジ:109.50=111.00
先週の最大レンジ:109.00=111.00

先週の東京レンジ:109.22=110.73
先週のNYレンジ:109.23=110.81
--------------------------------
6/9東京のレンジ:109.97=110.47
6/9NYのレンジ:110.13=110.81
----------------

6/9東京は、期待した今週の“想定上限ゾーン"には届きませんでしたが
6/9NYは、上昇加速ポイント青(3)ラインを上抜けし、110.81まで近づき下落でした。


今週は、上昇加速ゾーンを上抜けできるかどうかで基本展開が決まります。

1)上昇加速ゾーンを上抜け時は、112.00=50ゾーンを上限に、111円台の展開に終始。
2)上昇加速ゾーンの上抜けに失敗時は、109.50=110.00ゾーンを下限に、110円台の揉み合いで終了。

上昇加速ゾーンを上抜けできないと、先週以上に投資のつまらない相場になります。
上抜け時の買い参加で112.00でドテン売り出来る展開を期待です。
下限ゾーン109.50=110.00での買い参加は、通常は楽な鞘抜き場面ですが、
今週に限っては、110円台の動きは一直線に上昇や下落は出来ず、底値買いも旨味は大きくはありません。

では、今週も“為替相場を楽しみましょう!”

別窓 | 今日はこうなる! | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

6/9 東京ドル円相場の行方

6/8東京のレンジ:109.38=110.01
6/8NYのレンジ:109.86=110.38

6/8東京は、キーポイントを上抜けし終了したため続伸の流れが決定。
それを受け欧州は続伸。
さらにNYは青(3)ラインを上抜けし続伸が決定と見ましたが、
前FBI長官証言途中から司法妨害となる決定材料無しとの見方から、上昇半ばから下落でした。



6/9東京は、引き続き、今週の“想定上限ゾーン"を目指す流れです。
材料が出尽くした週末の金曜日東京に、上昇加速ポイント青(3)ラインを上抜けし、
上昇再開する力が残っているかどうかだけです。
ただ、青(3)ラインを上抜けした時は、期待で買い参加は必要です。
続伸しなければクローズするだけです。

--------------------------------
今週の基本レンジ:109.50=111.00
今週の最大レンジ:109.00=111.00
--------------------------------
では、今日も“為替相場を楽しみましょう!”
------------------------------------------------------------------------------------
別窓 | 今日はこうなる! | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

6/8 東京ドル円相場の行方

6/7東京のレンジ:109.22=109.63
6/7NYのレンジ:109.23=109.89

6/7東京とNYの安値は、前日6/6NYの安値も109.23とおなじです。
ここに下限とした週足ポイントがあるからです。
つまり、昨日お伝えした週足青(2)ライン109.25-30でした。

3回連続キレイに週足青(2)ライン109.25-30でサポートされたため、
月足青(1)ラインを越える急反発になったと、ジョイテク的には説明できます。

一般的な説明は、前FBI長官証言の草稿公表がきっかけとのことでした。


6/8東京の展開は、敢えて、これ以上は説明しませんが、
どのような相場が想定されるかは、FXを多少なりともかじった方には明白かと思われます。

--------------------------------
今週の基本レンジ:109.50=111.00
今週の最大レンジ:109.00=111.00
--------------------------------
では、今日も“為替相場を楽しみましょう!”
------------------------------------------------------------------------------------
別窓 | 今日はこうなる! | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

6/7 東京ドル円相場の行方

6/6東京のレンジ:109.57=110.43
6/6NYのレンジ:109.23=109.40

東京は、下落スタートの目安だった青(4)ラインの下始まりましたので
一気に、理想的な109円台への下落が実現しました。
たまたま今週の基本レンジ:109.50=111.00の下限と同じですが、
正確にはNYの安値が、基本レンジの下限週足青(2)ラインです。


6/7東京は、今週の最大レンジの下限=109.00レベルまで攻めることができるか、
それとも一度買い戻しかに注目です。
ただ、今日は、それだけでなく強い黒丸など、
今夜からの大きな流れを左右するキーポイントが多く、
投資は厚い抵抗ゾーンで展開のため無理ですが、明日からの相場を占う意味で重要な日です。

--------------------------------
今週の基本レンジ:109.50=111.00
今週の最大レンジ:109.00=111.00
--------------------------------
では、今日も“為替相場を楽しみましょう!”
別窓 | 今日はこうなる! | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

6/6 東京ドル円相場の行方

6/5東京のレンジ:110.31=110.73
6/5NYのレンジ:110.38=110.69

東京とNYがほぼ同じレンジ・・・同じポイントで壁やサポートされたと言うことですね。

よって、今日6/6東京は、その上下のポイントを、どちらにブレイクかが焦点となり、
ブレイクした方に、次の流れができることになります。

ジョイテクのポイント=Jポイントは、相場が波になって動かす“抵抗ポイント”です。
かつ、その抵抗ポイントの強弱を色つきで表示し、どのJポイントで仕掛けるかが明確です。
と同時に、どのJポイントが、展開や相場の節目かも分かるので、
デイトレだけでなくスイング好きの方も、何も考えることなく仕掛け場面が分かります。
全ては、毎週日曜日に提供する週報に乗せたチャート図で明示され、対応を説明しています。

投資で、一番相場重要で、かつ一番有益な“波が起こるポイント”を提供しています。

“サポ・レジ"と表現されることがありますが、これが事前に分かると投資は楽で簡単で楽しくなります。

その情報が外れたら、タダノお笑い草ですが、
たまたま当たるのではなく、毎日、そのJポイントを意識しながら相場が動きます。


さて、本日6/6東京は、青(4)ラインを下抜けし110.00までの下落が、期待する、理想的な展開になります。

--------------------------------
今週の基本レンジ:109.50=111.00
今週の最大レンジ:109.00=111.00
--------------------------------
では、今日も“為替相場を楽しみましょう!”
別窓 | 今日はこうなる! | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

<修正>6/5 今週の東京ドル円相場の概観

先週の米雇用統計の結果は、期待した下落でしたが、一瞬で終わってしまい、
ギャンブルで先売りする方以外、一般の個人投資家の方には生かせない展開でした。

それでは、今週の相場ですが、先週は「ドル売り相場」への転換が決定したままで終わり、
112円台への買い戻しがあれば、元の相場へ紛れるリスクがありました。
しかし、今日の東京で、新相場感が「決定」から「確定」に変わりますので
今日からは、109円台から110円台での展開となります。

上記のように、今週も展開レンジは「ドル売り相場」としては狭いレンジとなります。
それは、重要な月足や週足ポイントがあるため、大きな上昇・下落の連続が出来ないからです。

--------------------------------
今週の基本レンジ:109.50=111.00
今週の最大レンジ:109.00=111.00
--------------------------------

この情報だけで、今週は111円台はないとわかってしまいますし、
基本と最大のレンジ差が50銭ですので、
今週は、大相場にはならないと言っているのも同然ですね。

(万が一、111円を超えた場合でも最大112.00が限界)

念のために付け加えると、このブログでは、50銭刻みで公開していますので
実際の正確なレンジとは違いますので、ご注意ください。

よって、今週の投資も楽に50銭以上抜くのは厳しい相場ですが、
110円台は、ポイントも少なく、基本利鞘である30銭抜きを狙うなら楽な週です。

では、今週も“為替相場を楽しみましょう!”
別窓 | 今日はこうなる! | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

6/1 東京ドル円相場の行方

5/31東京のレンジ:110.80=111.23と前日5/30東京の110.77=111.22と同じでした。
5/31NYのレンジ:110.49=110.91と、最大レンジ110.50までの下落達成となりました。


本日は6月に入りますので月足ポイントが変わります。

6/1東京は、分岐ゾーンでオープンしそうですので、対応は簡単です。
分岐ゾーンをブレイクした方に順張り参加するだけです。

期待する展開は、下抜けし、赤(2)ラインまでの下落相場です。

理想は下限とする週足ポイントまでの下落からの111円台への反発相場ですが、
今日の東京では無理と見ます。
-----------------------------------------------------------
別窓 | 今日はこうなる! | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| 為替は儲からないと嘆く前に! |