情報の購読はコチラまで。

6/14 東京ドル円相場の行方

今週は、来週6/23実施する英国のEU離脱を問う国民投票はEU離脱支持派が勢いを増し不透明感が高まる中、明日6/15NYではFOMCの結果発表、FRB議長の記者会見。
6/16東京では日銀金融政策決定会合

昨日のNYのように、今後もかなり神経質な動きがありそうです。

NYの買い戻しも、昨日の東京が、想定下限105.20まで後50銭下落なら、当然の買い戻し場面と生かせたのですが残念ながら、中途半端なところからの戻し。

それを証明するように、現在、106.00レベルまで下落中です。

東京は、理想的な105.20まで続落してから買い戻しの流れになるのか、
それとも、分岐ゾーンで一進一退と、つまらない相場で終わるかの見極めとなります。
別窓 | 今日はこうなる! | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<6/15 東京ドル円相場の行方 | 為替は儲からないと嘆く前に! | 今週の相場について・・>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 為替は儲からないと嘆く前に! |