情報の購読はコチラまで。

6/15 欧州ドル円相場の行方

東京は、オープン後の下落から反発以降は、抵抗ゾーンで強い壁状態のまま引け。
今日も、想定通り、抵抗ゾーンのブレイクはできず小動きに終始でした。

FOMC前のポジション調整なのか、上方抵抗ゾーンでは壁になるものの、昨日から買いっ気優勢の展開が続いています。

FOMC前に抵抗ゾーンを上抜けなら上伸が期待でき、投資的には期待したい展開です。
かつ、上伸時は、強い壁となるポイントがあり、絶好の売り場があります。

上昇の展開は、買い参加も利食い&売り場も明確となっている分かりやすい相場です。
でも、そんな展開は、FOMC後でないと難しいとみています。
別窓 | 今日はこうなる! | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<6/16 東京ドル円相場のキーポイント | 為替は儲からないと嘆く前に! | 6/15 東京ドル円相場の行方>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 為替は儲からないと嘆く前に! |