情報の購読はコチラまで。

6/24東京の相場は、早々に投資は諦めました。

先週6/24東京の相場は、上手く立ち回れましたか。

久しぶりというより、東京相場の間中、長時間荒い動きが続いたという記憶がありません。
普通は米雇用統計時の乱高下のように、続いても午前中までで、午後は落ち着くものです。

朝一番40銭抜き程度以降は、リアルタイムのアドバイスが間に合わない切り返しの早い相場でしたので投資は見送りとしました。

一般投資家の取引口座では、取引が成立しなかった場面も多かったと思いますし、
何よりも、あのようなプロの相場では、投資方法自体が、通常と全く異なるからです。

つまり、普通の相場では、順張り参加が、基本かつ重要な手順です。

しかし、あのような、相場は、常に逆張り参加です。
急落や急伸したときに、リスクをとて逆張りし、ある程度反転したときにドテン売り(ドテン買い)という繰り返しが売買の基本です。
よって、ディーラの腕の差が如実に表れるため、大勝ちのディーラーと大負けのディーラーに分かれます。

プロは、試合放棄はできませんが、一般投資家は、いつでも参加を止めることができます。
その大きなアドバンテージを活かす日だったと思います。

ジョイテクでは、実際の投資に活かすことは無理でしたが、分析は完璧でした。
安値99.00は、「ドル下落相場」の底値89.95-00丁度でサポートでした。
その底値試し完了のため、反発も、俗にい言う「半値戻し」を越える103円台までとなりました。

ジョイテク的には、「ドル下落相場」の天井から、底値まで一気に展開したと言うだけであり、相場が崩れたという大げさな見方は誤りです。
ドル円相場は、「ドル下落相場」の底値を試し、次の流れを探る状況です。

ただ、今日の東京の動きを見ると、相場が薄いと言うこともあるでしょうが、
通常の展開とはいえない違和感のある動きが多く、まだ疑心暗鬼なままのディーラーが多いようです。
---------------------------

別窓 | 今日はこうなる! | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<6/28 東京ドル円相場の行方 | 為替は儲からないと嘆く前に! | 6/24 東京ドル円相場の行方>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 為替は儲からないと嘆く前に! |