情報の購読はコチラまで。

2/15 東京ドル円相場の行方

昨日のブログでは、以下のようにコメントしました。
「・・本日は、すんなり分岐ゾーンを下抜けし、今週の下限としている112円台の月足ポイントまで下落し一服となるか、
それとも、今週の上限としている114円台の週足ポイントまで、まだ上値トライが続くのか、
それは、113円台にできている分岐ゾーンをどちらにブレイクするかで決まりです。」


結果、東京は、底値試しが20銭ほど届きませんでしたが、底値試しの相場で終了。
このため、欧州からは、重要分岐ゾーンをどちらにブレイクかで大きく動くとしました。

その結果は、FRB議長発言で、昨日114円台週足ポイントゾーンではなく、その20銭上にある現行相場感の天井で丁度壁になり、下落は週足ポイントで逆サポートされ終了でした。

残念ながら、急伸のためリスクを取ラナイ場合は、最初からの参加は難し句、利幅は大きくならないかと思いますが、分析自体は、予測通りの結果になりました。


そうなると今日の相場の見方は、とても分かりやすく簡単です。

天井青(1)ラインを上抜けし、次の週足ポイントゾーンまで続伸。
逆に、週足ポイントを下抜けし、天井試しからの一度下落という通常の相場展開になるかだけです。

相場展開の読みは、分析通りで非常に簡単ですが、
投資は、相場の動きに追いつき上手く参加出来るか、リスクをどこまで取って、早めに参加し利幅を取るかがキーポイントになります。
別窓 | 今日はこうなる! | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<2/16 東京ドル円相場の行方 | 為替は儲からないと嘆く前に! | 2/14 東京ドル円相場の行方>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 為替は儲からないと嘆く前に! |