情報の購読はコチラまで。

<修正>6/5 今週の東京ドル円相場の概観

先週の米雇用統計の結果は、期待した下落でしたが、一瞬で終わってしまい、
ギャンブルで先売りする方以外、一般の個人投資家の方には生かせない展開でした。

それでは、今週の相場ですが、先週は「ドル売り相場」への転換が決定したままで終わり、
112円台への買い戻しがあれば、元の相場へ紛れるリスクがありました。
しかし、今日の東京で、新相場感が「決定」から「確定」に変わりますので
今日からは、109円台から110円台での展開となります。

上記のように、今週も展開レンジは「ドル売り相場」としては狭いレンジとなります。
それは、重要な月足や週足ポイントがあるため、大きな上昇・下落の連続が出来ないからです。

--------------------------------
今週の基本レンジ:109.50=111.00
今週の最大レンジ:109.00=111.00
--------------------------------

この情報だけで、今週は111円台はないとわかってしまいますし、
基本と最大のレンジ差が50銭ですので、
今週は、大相場にはならないと言っているのも同然ですね。

(万が一、111円を超えた場合でも最大112.00が限界)

念のために付け加えると、このブログでは、50銭刻みで公開していますので
実際の正確なレンジとは違いますので、ご注意ください。

よって、今週の投資も楽に50銭以上抜くのは厳しい相場ですが、
110円台は、ポイントも少なく、基本利鞘である30銭抜きを狙うなら楽な週です。

では、今週も“為替相場を楽しみましょう!”
別窓 | 今日はこうなる! | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<6/6 東京ドル円相場の行方 | 為替は儲からないと嘆く前に! | 6/1 東京ドル円相場の行方>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 為替は儲からないと嘆く前に! |