情報の購読はコチラまで。

6/15 東京ドル円相場の行方

--------------------------------
6/14東京のレンジ:109.96=110.20
6/14NYのレンジ:108.81=110.32
----------------


昨日の相場は、東京は、想定上限と同じで想定内の小動き。
NYは、FOMCよりも、CPIと小売り売上高の予想外の悪化に大きく反応。
それでも今週の想定下限でサポートされ横バイでしたが、
FOMCの結果により、今週の想定下限を下抜け。これで相場転換が確定しました。

FOMCの影響は軽微というコメントが多いですが、
ドル円については、指標発表後の急落で、ドル下落の展開が決定しており、
FOMCの続落からの反発は、急落相場の調整でキレイに天井試しが実現しただけです。
よって、天井から、キレイに再下落、早朝も同じパターンでした。

今日からは「下落相場」のスタートであり、戻り場面は絶好の売り場になります。


6/15東京は、
1)相場感上の重要分岐ゾーンで戻り売り参加か
2)週足ポイントゾーンで戻り売りか

(具体的レートはかけません)


このまま続落でなく、重要ポイントまでの戻り売り場面があれば、ラッキーと考え売り参加が不可欠です。



なお、明日6/16(金)は、月に一度の会社休業日になり、朝からサポートはありません。
ブログは、来週から再開です。

では、今日も“為替相場を楽しみましょう!”

別窓 | 今日はこうなる! | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<6/16 東京ドル円相場の行方 | 為替は儲からないと嘆く前に! | 6/14 東京ドル円相場の行方>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 為替は儲からないと嘆く前に! |