情報の購読はコチラまで。

11/9 東京ドル円相場の行方

------------------------------
<前日の結果>
--------------------------------
11/07東京のレンジ:113.71=114.18
11/07NYのレンジ:113.82=114.29

11/08東京のレンジ:113.64=113.92
11/08NYのレンジ:113.43=113.90


--------------------------------

11/8東京とNYの結果を見ると、明らかなようにどちらも113.90レベルを高値に下で展開したことです。
ただ、東京は高値から下落であり、NYはさらに安値まで攻め、サポートされ高値まで買い戻しという、
真逆の展開でした。
それだけ、NYの安値圏が強かったと言うことです。

よって、今日の東京の見方は簡単になります。

11/9東京は、昨日の高値@113.90レベルを上抜けし、さらに買い戻しの流れになるのか。
それとも、今日も113.90レベルで壁になり、本格的な下落スタートとなるのか、

また下落時は、昨日の安値圏113.40=60レベルでサポートされ113円半ばの揉み合いで終わるのか、となります。


なお、明日11/10は、月に一回の会社休業日ですので、明日のコメントはありません。
ブログコメントは11/13(月)から再開となります。


では、今日も“為替相場を楽しみましょう!”
------------------------------------------------------------------------------------
別窓 | 今日はこうなる! | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

11/8 東京ドル円相場のキーポイント

------------------------------
<前日の結果>
--------------------------------
11/06東京のレンジ:114.16=114.73
11/06NYのレンジ:113.70=114.20

11/07東京のレンジ:113.71=114.18
11/07NYのレンジ:113.82=114.29
--------------------------------

11/6東京の安値114.16を高値に、11/06NY以降、11/07東京・NY同じレベルで
壁やサポートされていることが分かります。

ジョイテクの分析の特徴である、前日NYから当日東京が同じ時間軸として分析すると
このように相場の動きがよく見えてきます。

分析とは言えない、単純に時間軸を分けるだけでも、相場の動きが見えてきます。、

東京とNYを同じ日、かつ24時間レンジで分析をしていては、
いつも当たるような精緻な分析はできません。


ところで、昨日一日、相場展開を確認する必要がありましたが、
11/3の結果が正しいことが再確認され、結論が確定しました。

先週までの「ドル買い先行相場」は終了です。

今週は、もう115円台はなくなったとみます。
逆に、最大111.00までの下落の想定が必要になりました。

11/6の段階での結論としては、大胆な決めつけかと思いますが、
投資的にも楽しみな下落の流れが始まることを期待です。

ただ、新相場感的には、反落や急落という展開にはなりにくく、
少なくとも、戻り場面では、キーポイントで売り参加して下落待ちが基本スタンスです。

昨日のNYの高値@114.29は、その典型的な場面です。
何故なら、新相場感の天井ポイント114.30-35があったからです。

チャートを見れば、
いかにも重要なポイントで壁になり、反落したという動きですね。


では、今日も“為替相場を楽しみましょう!”
----------------------------------------------------------------------------------
別窓 | 今日はこうなる! | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

11/7 東京ドル円相場の行方

------------------------------
<前日の結果>
--------------------------------
11/03東京のレンジ:  (祝日)
11/03NYのレンジ:113.61=114.43

11/06東京のレンジ:114.16=114.73
11/06NYのレンジ:113.70=114.20
--------------------------------

11/6東京は、11/3NYの安値圏である抵抗ゾーンまで上昇するも、
抵抗ゾーンで壁になり下落して終了。
11/7NYは、東京の安値114.16を高値ゾーンとして,114.20を高値に
113.70まで下落という展開でした。

昨日から敢えてジョイテクポイントで流れを説明していますが
転換ポイントと相場の流れがよく見えてくるかと思います。

昨日11/6NYの結果を,他のコメントはどう見ているか確認したところ
日経WEBのNYのコメントは、
「・・米長期金利の低下で日米金利差が縮小するとみた円買い・ドル売りがやや優勢だった。
主な米経済指標の発表もなく全般には材料に乏しく、小幅な値動きとなった。・・」
というものでした。

余り注目すべき点がない相場というイメージでしょうか。


ジョイテクでは、相場感を決める東京の結果では無いものの、
時々東京の相場感に先行することがあるNYの結果には、それなりに注意しています。

昨日のNYの結果は,そんな場面と見ています。

このまま、今日11/7東京がオープンするかどうかに注目しています。
結果の詳細は,明日の東京で説明できるかなとおもっています。


では、今日も“為替相場を楽しみましょう!”
----------------------------------------------------------------------------
別窓 | 今日はこうなる! | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

11/6 東京ドル円相場の行方

------------------------------
<前週の結果>
--------------------------------
11/01東京のレンジ:113.64=113.97
11/01NYのレンジ:113.75=114.28

11/02東京のレンジ:113.73=114.21
11/02NYのレンジ:113.53=114.22

11/03東京のレンジ:  (祝日)
11/03NYのレンジ:113.61=114.43
--------------------------------

先週後半の基本感は、
“11/01NY後場と同じように、抵抗ゾーンを目指すゾーンで一進一退のまま終了となるのか、
重要ポイントを下抜けし、今日の下限と見る分岐ゾーンの揉み合いで終わるのか。
つまり、境界となる重要ポイントでサポートされるか,下抜けするかが展開のキーポイント”
としました。

先週のラスト3日間を見ると良く分かります。
東京・NYの安値は、
3日間とも,ほぼ同じで113.55=75ゾーン。つまり同じ重要ゾーンでサポートされました。

よって、11/1から11/2までの高値が,114.25レベルで壁になっていましたが、
11/3NYは,そのレベルを超えています。

この結果を見るだけで,
今日11/6東京は、113.55=75ゾーンにある重要ゾーンでサポートなら、
引き続き114円台を目指す流れが優勢と推測されます。
そして、上伸時に、NYで壁になった114.40=50レベルを上抜けできるかに注意

というような見方ができます。

以上、
11/6東京は、上下の重要ゾーンをブレイクできず,最大113.80=114.50ゾーンで揉み合いとみます。


では、今週も“為替相場を楽しみましょう!”
----------------------------------------------------------------------------------
別窓 | 今日はこうなる! | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

11/02 東京ドル円相場の行方

------------------------------
<前日の結果>
--------------------------------
10/31東京のレンジ:112.96=113.28
10/31NYのレンジ:113.28=113.73

11/01東京のレンジ:113.64=113.97
11/01NYのレンジ:113.75=114.28
--------------------------------

昨日初日で、今週の予測が実現しましたので、残り今週のキーポイントは、
"あと今週は、底値青(2)ラインでサポートされ,現行相場感維持のまま揉み合いで終わるのか
底値青(2)ラインを下抜けし「持合相場」へ転換し、最大111円台までの続落となるのか”

としました。

11/01東京の結果は、底値青(2)ラインでサポートされるパターンで予想通り、
重要ポイントで壁になり33銭の揉み合いで終了。

しかし欧州で,東京で壁になった重要ポイントを上抜けしたため、
11/011NYは、今週の“想定上限ゾーン"下にできた抵抗ゾーンの下辺まで上昇。
強い壁になり急落しましたが,FOMCの結果で再び抵抗ゾーンの下まで上昇し揉み合いのまま終了。


以上から、11/02東京の展開予測は簡単です。
NYの後場と同じように、抵抗ゾーンを目指すゾーンで一進一退のまま終了となるのか、
重要ポイントを下抜けし、今日の下限と見る分岐ゾーンの揉み合いで終わるのかです。

つまり、境界となる重要ポイントでサポートされるか,下抜けするかが展開のキーポイントになります。


では、今日も“為替相場を楽しみましょう!”
------------------------------------------------------------------------------------
別窓 | 今日はこうなる! | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
BACK | 為替は儲からないと嘆く前に! | NEXT