情報の購読はコチラまで。

8/14 東京ドル円相場の行方

<前日の結果>
--------------------------------
8/10東京のレンジ:109.90=110.18
8/10NYのレンジ:109.15=109.84

8/11東京のレンジ:(休場)
8/11NYのレンジ:108.72=109.40
--------------------------------

8/10時点では,このブログには重要事項で書けませんでしたが、
8/11が「三角持合」の頂点の前日に来るため、8/10NYからは,上抜けか下抜けし大相場になるとしていました。

予定通りブレイクが実現し、8/10と8/11NYは連日下落相場となり108円台まで下落でした。
これも分かりやすい相場で、底値青(3)ライン下抜け時の売り方針により、楽な投資になりました。

8/14東京は,このままNYの引けレベルでオープンすると,現行「ドル売り相場」から、
新相場感への転換が一気に決定から確定となります。

今は、どんな相場へ転換するかの説明は控え、新相場感への転換が確定するとだけ述べておきます。

8/14東京は、最大108.85=109.45ゾーンの揉み合いで終了とみています。
その通りになるか,どちらかにブレイクし、今週の大きな流れを決めてしまうか楽しみです。


では、今週も“為替相場を楽しみましょう!”
-----------------------------------------
別窓 | 今日はこうなる! | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

8/10 東京ドル円相場の行方

<前日の結果>
--------------------------------
8/8東京のレンジ:110.53=110.81
8/8NYのレンジ:110.25=110.83

8/9東京のレンジ:109.74=110.15
8/9NYのレンジ:109.56=110.17
----------------

8/9東京は,週報で、今週の想定下限とした"週足ポイントゾーン”109.85=110.10を10銭下抜けでおわり、
そこそこの分析結果でした。
しかし、8/9NYのオープン前に,安値109.56と、現行相場感の底値青(3)ラインまで底値トライが実現。
この結果、NYは、@109.65を安値にオープンすると週足ポイントゾーンまで急上昇しました。

これで上抜けなら"底値試しからのドル買いへの反転"という理想的な展開でしたが、
やはり相場はそんなに優しくなく、@110.17を高値に上抜けに失敗し、週足ポイントゾーンで一進一退のまま終了でした。


以上の説明で,想像できると思いますが、
8/10東京は、分岐ゾーンである”週足ポイントゾーン”109.85=110.10をブレイクした方に順張り参加です。

ただ、今回は,その次に控えるゾーンにより,上抜けの場合は少し対応に注意が必要です。
下抜けの場合は、底値青(3)ラインがターゲットですので、利幅が十分でないため,
戻り売りからのドテン買いか、底値青(3)ラインからの新規買い参加でないと投資は厳しい状態です。

できれば分岐ゾーンの上抜けが,大きな流れをみた場合、理想的な展開となりますが、
今日の投資は,少し工夫した対応が必要になります。


では、連休前です、今日も“為替相場を楽しみましょう!”
-----------------------------------------
別窓 | 今日はこうなる! | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

8/9 東京ドル円相場の行方

<前日の結果>
--------------------------------
8/7東京のレンジ:110.65=110.83
8/7NYのレンジ:110.70=110.92

8/8東京のレンジ:110.53=110.81
8/8NYのレンジ:110.25=110.83
----------------

8/7に「8/4NYのポイント」レポートの一部抜粋を掲載しました。

昨夜NYは、再び"週足ポイントゾーン”109.85=110.20で、"分岐ゾーン"としたところまで下落中です。
赤(1)ラインを始め,昨日まで,レポートで指摘した重要ポイントを意識した展開が続いています。

なぜ8/7と8/8の東京とNYの高値が,同じレートであることも、レポートのポイント情報で
明快に納得できるかと思います。

今日8/9東京も,上記分岐ゾーン109.85=110.10上辺レベルでオープンしそうです。
つまり,この分岐ゾーンでサポートされ、反発の流れに移行するのか
それとも,下抜けし,下落の流れに移行するのかと、
今日の展開予想が容易に推測できるかと思います。

レポートは字が小さくて見にくいですが,再読の価値があると思います。


では、今日も“為替相場を楽しみましょう!”
-----------------------------------------
別窓 | 今日はこうなる! | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

8/8 東京ドル円相場の行方

<前日の結果>
--------------------------------
8/4東京のレンジ:109.85=110.18
8/4NYのレンジ:110.06=111.05

8/7東京のレンジ:110.65=110.83
8/7NYのレンジ:110.70=110.92
----------------

8/7 東京とNYの似たようなレンジは,昨日掲載した8/4のNYレポート(一部抜粋)見ていただくと
おわかりのように、"月足・週足抵抗バンド”110.65=75でサポーとされ、その上の青点線Aで壁に
なっただけです。
重要分岐ゾーンの為、下抜けできずこうちゃく状態になったという、レポート通りの分かりやすい
動きでした。

今日の相場の見方も、同じレベルで展開中ですので,8/4のレポートの見方で十分対応出来ると思います。


では、今日も“為替相場を楽しみましょう!”
-----------------------------------------
別窓 | 今日はこうなる! | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

8/3 東京ドル円相場の行方

<前日の結果>
--------------------------------
8/2東京のレンジ:110.36=110.93
8/2NYのレンジ:110.29=110.98
----------------

8/2は、東京、NYとも、ほぼ同じレンジ。
想定された重要ポイントで、サポ・レジされたことが分かるかと思います。

と同時に、今週は,ここまで見てきて,週初に「今週は109円台中心に一進一退の展開」としていたことが
正しかったと納得していただけるかと思います。


昨日の東京は下落しやすい日ながら,逆に買い戻しと,予想以上に買い優勢の地合でした。
ただ、8/2東京からは、逆に上値トライ時には、抵抗ゾーンの上抜けの想定が必要としていました。
昨日は上抜けに失敗しましたが、
引き続き、今日の東京も,上値トライ先行時には、この上部抵抗ゾーンは上抜けの想定が必要になってきます。

上抜けなら買い参加、
壁になったら売り参加し下落待ち とシンプルな対応になります。


では、今日も“為替相場を楽しみましょう!”
-----------------------------------------
別窓 | 今日はこうなる! | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
BACK | 為替は儲からないと嘆く前に! | NEXT